守谷市の塾なら数理進学予備校イーズ E'z

高校生のための効果のある勉強法・モチベーション向上の話や、受験に関する情報を書いていきます。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
# 限界とは何か???

”””

砂漠のど真ん中で、あなたが一人。

 

喉がカラカラでもう1歩も歩けない。限界だ。

 

しかしそのとき、霞んでいる視界の中で、20m先にオアシスを発見。

 

あなたなら、どうする????? ””””

 

 

10人中9人ぐらいは「オアシスまで歩いて水を飲む」が答えだろう。

 

そして現実にそうなったら100%水を飲みにいくよね。

 

でも、もう一度問題文をよく読んでほしい。『限界』って書いてある。

 

それなのに20mも歩ける??これは不思議だよね???

 

 

限界っていうのはあくまでも『自分が設定するもの』

 

それが本当の限界かどうかはわからない。

 

上の例では、自分が決めた限界は限界じゃなかった。

 

おそらく、自分に対して、

 

本当の限界は設定できないんじゃないかと思う。

 

 

それに近づけるためには、他人の力が必要になってくる。

 

鬼コーチがヘトヘトで動けない自分に、鬼の一言!!

 

『20mダッシュ10回!!』

 

それだったらやるでしょ???

 

 

鬼コーチの鬼の指導で、限界に近づくことができる。

 

 

この指導法はいいかどうかわからないけど、

 

少なくとも自分の限界に近づけ、限界値を引き上げることができる。

 

この経験が、辛かった時の糧になって精神的にも成長する。

 

 

 

勉強では『脳が疲れた』『筋肉が疲れた』

 

みたいなことがないから、限界の設定は難しいが、

 

普段、自分が「今日はたくさんやったな〜」っていう量を

 

他人の力を借りて「あと10問解く」というふうに限界を超えてしまおう。

 

 

そうすれば、周りよりも多くの量を解くことができる。

 

自分が引いた限界のレールに乗っていた時よりも、

 

効率よく短期間で伸ばすことができるはずだ。

 

 

イーズでももちろん宿題を出すんだけど、

 

私が持っている高3クラスでは、宿題量・課題量を多めにしている。

 

 

しかもそれをあたかも当然かのように出している。(私は鬼講師ではありません笑)

 

それは、君たちの限界を壊し、1日に解ける問題数を増やすためである。

 

短期間で効率よく伸ばすためには、こういう練習も必要なんだ。

| comments(0) | - | 21:39 | category: 精神論 |
# イーズの少人数授業の強み

さて、今日の話題は・・・・・・・・・・

イーズ守谷校の特徴でもある

『少人数授業について』

 

 

ここにこだわりを持っています。

 

 

 

いったいなぜ、少人数授業なのか??

 

 

 

それを理解してもらうために1つ具体例から考えてみよう。

 

 

 

みんなはこんな経験したことない???

 

 

 

"本を読んでいると理解できないけど、

人の話を聞くと理解できた!"

 

 

 

 

文字に書かれていることって、

 

 

 

人が話すことを理解するよりも難しいよね。

 

 

 

 

さぁ・・・いったいなぜか???

 

 

 

 

実は人は自分の知らないことが出てくると

「思考停止状態」になっちゃう。

 

 

 

 

人と話している時って、

自然と相手が理解しているかの表情を読み取っているんだ。

 

 

 

 

 

もし相手がわからないような表情だったらどうする???

 

 

 

 

そのまま無視して話を続ける人はいないよね!!!!

 

 

 

 

わかるような言葉に置き換えたり、

もっと具体的に話したりしているはずだ。

 

 

 

 

文章だとそうはいかない。

 

 

 

 

筆者は君の表情を読み取れるわけなんてないしね!

 

 

 

 

これが文章だと、理解しにくい原因なんだ。

 

 

 

 

さて、じゃあ一体、一度に何個のわからない言葉が

出てきたら、思考停止状態になると思う???

 

 

 

 

 

実は・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「たったの2個」

 

 

 

 

 

衝撃でしょ?!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20名とか30名の大人数授業を聞いている時や

映像授業を聞いている時も

 

 

 

 

 

 

 

「本を読んでいる状態に近い」

 

 

 

 

 

 

 

わからない言葉が2個以上出てきても、

 

そもそも君の表情を読み取ってないから、

 

 

 

 

 

 

授業が一方的に進んでしまう。

 

 

 

 

 

 

 

つまり、授業中に思考停止になってしまうんだ!!

 

 

 

 

 

 

 

だから、

イーズの授業は平均6名程度。

 

 

 

 

 

 

全員の顔をしっかり見れる人数だね。

 

 

 

 

微妙な表情の変化や

 

 

一瞬のうなずきまで読み取る

 

 

 

 

 

講義をしているけど、

 

 

ひとりひとりと会話している感覚なんだ。

 

 

 

 

 

 

だから思考が停止せず、スムーズに頭に入っていくんだよ!

 

 

 

以上、イーズが少人数の指導にこだわる理由でした!

| comments(0) | - | 16:58 | category: 自慢 |
# 覚えること≠丸暗記すること

テストの点数を上げたり、

志望校に合格する力を見つけたりする為には

 

 

勉強している内容を「覚えなくてはいけない」

 

しかし、この覚えるという行為は、

 

意味のない文字列を覚えるような「丸暗記」とはちょっと違う。

 

 

ではなぜ丸暗記はダメなのか????

 

 

例から考えてみよう!

 

 

この数字列を覚えてください!と言われたとします。

 

 

 

1123583145

 

 

 

ヾ欅典する場合

 

 

文字列をそのまま丸暗記していては

 

 

感覚的におそらく30分も覚えていられない。

 

 

 

 

∋伝箸澆鰺解して覚える

 

 

『これはある規則にしたがって書かれている。

 

自分より1つ前の数字と、自分の数字を足した値の1の位を右にかいている』

 

 

こういう風に覚えると

 

 

おそらく、次同じような数字列が出てきたときでも

 

 

同じように答えられると思うんだ。

 

 

---------------------------------------------------------------------------------

 

イーズでは数学は暗記だ!

 

 

って言っているんだけど、

 

 

この暗記は決して丸暗記ではない。

 

 

 

入試数学の伝統的な解き方を『理解して』覚えるんだ。

 

 

 

化学だってそう!

 

 

複雑な反応式を1つ1つ丸暗記したってムダ

(丸暗記している人ごめん)

 

 

反応には色々な組み合わせがあるから、

 

 

その反応の理屈を理解しなきゃいけない!

 

反応の理屈がわかっているからこそ、

 

どんな組み合わせでも反応式が作れる!

 

 

他の覚え方として、

 

『みはじ』などに代表される

「語呂合わせ」っていうのがあるけど、

 

 

私は反対派です。

 

 

あれはその場しのぎのツールで、

 

 

本質が全然わかっていないためです。

 

 

式はゴロで覚えられるけど、

 

 

中身がわかっていない為、

 

 

全然応用できない・・・・・・

 

 

イーズでは、どうしようもない時を除いて、

 

ゴロなんか教えないからね〜

| comments(0) | - | 20:56 | category: 勉強論 |
# 真面目に・・・なぜ復習をするの?

「復習ってなんで大事なの??」

 

 

この理由を答えられる人は、

 

意外といないんじゃないのかな?

 

 

 

ずっと言われてきたから、

 

 

なんとなく重要性を理解しないまま、

 

 

やっている人も多いはず!!

 

 

 

 

脳科学的に復習の意味を考えてみよう!!!

 

 

記憶に関する、すごく有名な実験は

 

 

「エビングハウスの忘却曲線」

 

 

それはランダムに3文字の羅列を20個覚えさせた時に

 

 

どのように忘れていくかをテストした

 

ひじょーにカンタンな実験。

 

 

結果は・・・・

 

 

翌日までに覚えているのは8個(40%)程度になるんだって!

 

 

そしてその実験で

 

さらに別の文字を10個追加で覚えさせると

 

 

初めの20個を覚えている割合がさらに減るんです。

 

 

この原因は何か?

 

 

似たようなことを覚えようとすると起こる

 

 

「記憶の干渉」

 

 

 

これが起こってしまうんだ!!!

 

 

 

これが原因で、勘違いとか

 

記憶の混同などを引き起こしてしまう

 

 

 

経験はあるかな?

 

 

 

だから頑張って覚えようとして、

 

 

 

一方的に知識を詰め込んでも

 

 

 

知識の記憶が干渉しあって、

 

新しく覚えたことが覚えにくくなる。

 

 

 

さぁ・・・ではどうすればいいか?

 

 

 

エビングハウスはさらに追加実験を続けました。

 

 

数日後に先ほどの実験をした人にもう一度、

 

 

 

同じように覚えさせテストをしました。

 

 

 

すると・・・・・

 

 

2回目の方が忘れにくくなっていた。

 

 

 

さらに回数を重ねるにつれて、

 

 

 

どんどん忘れにくくなっています。

 

 

 

つまりこういうことです!

 

 

1回目のテストでは忘れてしまったと思うことでも、

 

 

完全に忘れているわけではなくて

 

 

実は脳の中にはちゃんと潜在的に入っている!!

(海馬というところで記憶の取捨選択がなされています)

 

 

 

その記憶を引き出すことができなかっただけ!

 

 

 

回数を重ねると

 

 

 

記憶を引き出せるようになっていったということ。

 

 

 

脳の一時記憶はだいたい

 

 

 

1ヶ月ぐらいは残っているそうです。

 

 

 

その間に脳にこの情報は『必要です!!』と

 

 

 

どんどんアピールしなきゃ、脳が勝手に「コレ、イラナイ」

 

 

 

と判断し、捨てられてしまいます!!

 

 

 

つまり・・・・

 

 

 

1ヶ月以内に復習をしないと

 

 

 

勉強していても

 

 

 

記憶が定着せず意味のないものになるんだ!!

 

 

 

復習の意味わかったかな????

 

今日からでも復習を続けましょ!

 

 

みんながんばろー!!!!

| comments(0) | - | 20:32 | category: 勉強論 |
# 確率の習得方法

確率は数学の中でも特殊な分野だ。

なにが特殊かって、習得の仕方だ。
 

 

数学のほかの分野、

 

例えば二次関数とかベクトルとか、微積とかは

 

解法パターンを覚えて、それを利用して解く。

 

 

場合の数と確率は同じようにパターンを覚えても、

 

できるようにならない!

 

 

これ知ってた???

 

 

解法を覚えるのではなく、


「まちがえた解法のどこがおかしいのか??」という


まちがえ方のデータベースを頭の中に入れなきゃいけない。
 

 


これをわかってないから場合の数や確率を

 

苦手にしてしまう生徒が多いよー!

 

 

よくあることなんだけど、

 

確率とは何か?という根底をわかっていない人が多い。

 

 

間違えた問題は、なぜ間違えたのか?

 

どうすれば数え漏れや、ダブルカウントがなくなったのか

 

というところまで1問1問やっていく必要がある。

 

 

結構時間がかかるけど、

 

できるようになれば、かなり簡単な分野である。

 

くれぐれも焦って、

 

解法だけ覚える練習はしないように。

 

 

確率や場合の数の問題は、

 

サイコロの個数を変えたり、状況を変えるだけで

 

無限個作れるので、

 

解法パターンは通用しないということなんです!

| comments(0) | - | 21:39 | category: 勉強論 |
# 2018年センター試験 物理 講評と対策

<全体>

全体的に解きやすい問題が多かった。

 

例年より、ひねりを加えた問題が少なく、

「THE典型問題」 が多く出題された。

全体的に計算量も下がり、易化した印象

 

<構成>

大問1(必解):小問集合(力学・波動・熱・電磁気)

大問2(必解):電磁気

大問3(必解):波(横波・音波・光の干渉)

大問4(必解):力学(摩擦ありの単振動)、熱力学(バネ付きピストン)

大問5(選択):万有引力

大問6(選択):現代物理

選択は大問5、大問6から1つ選択

 

<選択問題のオススメ>

選択問題のオススメはやはり『現代物理』

今回であれば、簡単な計算が1つあり、

1分ほどで大問が解き終わるほど楽であった。

 

なぜオススメかというと、

範囲の制約が強く、難しい問題は出しにくいから。

 

現役生は現代物理をおろそかにしがちであるが、

センターまでに問題集を1つできるようにしておくだけで、

短時間で得点を取ることができると思う。

 

<高2生へ センター物理対策>

 

1:難しい問題は解けなくても良い

やはり、基本〜標準問題を完璧に解けるようにすることが

センター物理で点を伸ばす最短ルート。

セミナーやリードアルファなどの

基礎基本から確認できる問題集を何周もし、

完成させておくことが大切

 

2:教科書や資料集で身近な例を見ておく。

物理で扱った式や現象の「身近な例」を見ておくと良い。

 

 

 

 

 

 

 

 

自慢ですが・・・・・

 

私が持っている物理のクラスでは

全員9割以上取りました!!!!

| comments(0) | - | 22:17 | category: 入試 |
# センター応援行ってきたよ 筑波大

朝7:30からセンター応援に行ってきました!!

 

気合いが入りすぎて、早すぎたかな??

 

朝日が目に染みます。

第1会場の守谷の子には全員会えて、

 

喋れたのでよかった^^

 

これが昨日言っていたちょっとしたプレゼントね。

 

少しでも励みになってくれれば幸いです。

イーズの先生たちが集まって応援してます!

 

生徒へ:今日はお疲れ様〜

 

今日は採点なんかせずに、きちんと明日に備えて寝るんだよ〜

 

今日のことは忘れて、明日に集中するのみ!!!

| comments(0) | - | 17:48 | category: センター試験 |
# 勉強量と成績は比例しない

「勉強しているのになかなか伸びない・・・・」

 

「思うように結果がでなくて悩んでいる・・・・」

 

そんな人のために、

脳科学からみた勉強量と成果の関係を一緒に考えてみよう

 

 

1  .  記憶の仕組み

 

記憶の仕方にも色々あるんだけど、

 

その中で今回、

大事なのは『手続き記憶』

 

具体的には・・・・

 

・くつひもの結び方

 

・自転車の乗り方

 

とかだね。

 

 

これって何も考えずにできるよね?

 

 

ふつうは「体で覚える」みたいな表現が使われるんだけど、

 

 

実は正確に言うと、「脳が記憶している」

 

 

人間の一番原始的な記憶の仕方なんだ。

 

 

この記憶の特徴はなんといっても

 

 

無意識のうちに引き出すことができて、

「忘れることはない」こと

 

 

2 .  勉強量と成果は比例しない。

 

ここからが本題。

 

実は勉強でもこの「手続き記憶」が起こるんです!

 

なんと・・・・

 

「理解の仕方」

を覚えることができる!

 

例えば、

連立方程式の文章問題の勉強をしていて、

やり方やコツを覚えたとしよう。

 

 

そうしたら、

 

二次関数や二次方程式の文章問題でも、

 

 

無意識のうちに、覚えたやり方やコツが引き出すことができて、

 

 

習得までの時間がものすごく早くなるんだ!

 

 

つまり・・・・・

 

Aを理解したら、Bを勉強した時にAの記憶が無意識で使われ、理解を助けてくれる

 

Bを理解したら、次のCを勉強した時に、AとBの記憶が自動的に使われる。

 

・・・・・・

 

これをひたすら繰り返していくと・・・・・・

 

 

ある問題を見た時に、色々な「理解のストック」があるから、

 

 

それを無意識のうちに引き出して、解き方を模索できるんだ!

 

 

次々と理解を重ねることで、

1つのことを理解する時に今までの手続き記憶を総動員できる

 

 

だから「勉強量と成果」は比例関係ではない!

 

 

 

「指数関数的に増えていくんだ」

 

 

””はじめは効果がなくても徐々に成果がでてきて、

ある程度まで勉強するとそこから一気に伸びる””

 

 

これが指数関数の増え方。

 

 

だから、目先の結果だけ見ちゃいけない。

 

 

この人間の原始的で最も強烈な脳力を信じて、

 

 

諦めず、くじけず、

 

 

ずっと勉強を続けて欲しい。

 

 

そうすれば必ず結果がでてくる。

 

 

みんな、応援しているよ!!!!!!!

| comments(0) | - | 21:12 | category: 勉強論 |
# センター試験で緊張してしまう人へのアドバイス

今週の土曜日はセンター試験。

 

 

何週間も前から緊張してしまって、

 

 

今をネガティブな状態で過ごしている人もいると思う。

 

 

緊張が、少しでも和らぐように、

 

 

『「緊張」に関する』ちょっとしたアドバイスね!

 

 

 

1:「緊張しない」ことが、そもそもおかしい

 

 

緊張しちゃだめ!っていうことは言わない。

 

 

大事な試験で、さらに、いつもと雰囲気が違うんだから

 

 

緊張して当たり前だよね!?

 

 

その緊張を無理やり、抑えこもうとするから、

 

 

更に緊張しちゃうんだよ。

 

 

もうこの際・・・・

 

「私(俺)緊張しちゃってるわ〜」って、素直に認めてしまおう。

 

 

緊張している中で、その時の君にできることを

 

 

しっかりやってくればいいんだよ ^ ^ b

 

 

 

 

2:「人生がかかってる」なんてことは無い!!

 

 

「これで失敗したら、もう人生のすべてが終わる・・・」

 

 

みたいに思っている人がいるけど、そうじゃないからね???

 

 

確かに高校生にとって、大事な試験。

 

 

でも、絶対に人生はかかってない!

 

 

失敗しても死にはしない。

 

 

人生が変わったりはしない。

 

 

それだったら、失敗してもいいや!ぐらいの

 

ポジティブな感情で受けた方がいいよね。

 

 

 

 

センターとは言っても、

 

あくまで自分の持っている力を

 

できる限り多く出してくればいいだけ。

 

それだったら、逆に自分の力を出せることを

 

楽しまないといけないね!

 

 

 

高得点を取れ!とは言わない。

 

気楽に受けてくれば、それでいいんだよ^^

| comments(0) | - | 16:54 | category: 精神論 |
# 試験前日・試験間の食べ物

これで合否が決まるわけではないが、

 

試験中に最大のパフォーマンスを発揮できるように、

 

食べ物を紹介しようと思う!

 

食べ物の選び方は、基本的にはこう考えたら良い

 

「胃に負担をかけないもの」を摂取

・・・消化しにくいものは胃に血液が行き、

脳に血液が届きにくくなる。

 

「吸収の良い、脳のエネルギー源」を摂取

・・・脳のエネルギー源はブドウ糖です。

 

「なま物は避ける」

・・・食中毒になったら大変です。

 

 

1:試験前日

 

最初に言っておきますが、ゲン担ぎのための

 

カツ丼は食べない方がいいよ(笑 前日に食べるなら自己責任で。

 

消化に悪いので、胃腸に負担をかけてしまいます。

 

自分の今までの生活の食事スタイルの中で、消化の良いものを食べよう!

 

・なるべく油物は避けよう

 

・炭水化物(パスタ・白米・パン)は取ろう

 

ぐらいを守ってみてください。

 

 

2:試験当日

 

朝ごはん・・・・

 

朝ごはんはご飯?パン?で悩むかもしれないけど、

 

あくまでも食べ慣れたものを。

 

そして、オレンジジュースなどのビタミン類を加えるとGoodです。

 

さらに、気合が入って腹一杯食べ過ぎないこと。

 

これは試験中に胃に血液が回って、脳への血液が足りなくなります。

 

腹7分〜腹8分がベスト

 

そして、試験中にブドウ糖が働いてくれるように、

 

試験1時間〜2時間前ぐらいに、

 

・チョコレート

・あんこ

・バナナ

・カロリーメイト

 

などを摂取しよう。

 

普段食べないものや苦手なものは食べないようにね。

 

コーヒーは40分〜1時間後に効果が出てくると言われています。

 

利尿作用があるので、飲み慣れていない人は無理して飲まなくてもいいかも。

 

 

昼ごはん・・・・

 

朝ごはんと同じように、

 

消化がいいもの+炭水化物を腹7分〜8分まで

 

摂取する方がいい。

 

あくまでも食べ慣れたものを。

 

 

試験間の完食・・・

 

チョコレートの効果は、1時間後ぐらいに効果を発揮するので、

 

試験と試験の間で摂取すると良いですね。

 

教室はエアコンで乾燥しているので、水分はこまめに取ると良い。

 

スポーツドリンクだと効率的にミネラルや糖分が摂取できるからおすすめ。

 

参考になることがあったら、試してみてね^^b

| comments(0) | - | 17:01 | category: 入試 |